グランエシェゾーを高価買取!ワインの査定ポイントを徹底解説!

1.グランエシェゾーを売りたいお客様へ

グランエシェゾーは、ブルゴーニュ地方のフラジェ・エシェゾー村で作られているワインの総称です。グラン・クリュと呼ばれる特級畑の名称であり、ここで栽培されているピノ・ノワール種からワインが作られています。高額なワインとしても知名度があり、生産量が限られていることから希少価値も高まっています。このため、買取でも高値が期待できるワインです。

2.グランエシェゾーについての解説

グランエシェゾーを製造するドメーヌ(生産者)は多数いますが、ロマネ・コンティ(DRC)とモンジャール・ミュニュレが有名です。ワインの味わいは少しパンチが効いており、しっかりした風味に仕上がっています。品質は高く、長期熟成向きである点も特徴です。

3.グランエシェゾーの歴史

グランエシェゾーの畑は古くからあると言われていますが、17世紀頃より続くドメーヌも存在します。1886年には他の特級畑と統合され、今に至るフラジェ・エシェゾー村が設立されました。現在も様々なワインを製造しており、生み出される銘柄はいずれも世界的評価を得ています。

4.グランエシェゾーの代表的な銘柄

グランエシェゾーには複数の銘柄が存在しますが、代表的なドメーヌはDRCとモンジャール・ミュニュレです。DRCのグランエシェゾーは最高品質の出来栄えで、価格も一本数十万円台と、グランエシェゾーの中でも特に高額取引されています。対するモンジャール・ミュニュレのグランエシェゾーは、ミドルボディで風味のバランスがよく、1本2万円台からと、手頃な価格で買えるのが魅力です。

5.グランエシェゾーの買取査定ポイント

特にグランエシェゾーの買取価格に影響するのがドメーヌとヴィンテージです。ドメーヌごとに買取相場が異なります。また、当たり年のヴィンテージは特に価格が高く、他の年度より高額査定となる可能性があります。なお、ボトルとワインの状態も重要です。汚れの有無や保管状態を確認しておきましょう。
  • ドメーヌ
  • ヴィンテージ
  • ボトルやワインのコンディション

6.グランエシェゾーの取引相場価格

様々なドメーヌがあるグランエシェゾーは、取引相場も銘柄ごとに違うので注意が必要です。中には相場が確立されていない銘柄も多数あります。特に流通量が多く、買取も盛んなのがDRCのグランエシェゾーです。1本あたりの取引相場は5~6万円ですが、10万円を超える価格で取引されているヴィンテージもあります。 特に1999年・2005年のグランエシェゾーは高く、状態次第では14~15万円も期待できるでしょう。その他のグランエシェゾーは相場が確立されておらず、買取も盛んとは言えません。業者の査定が必須と言えるでしょう。

7.グランエシェゾーの買取についてのまとめ

小さな畑で製造されているグランエシェゾーは、全体の生産量も限られている一方で、希少価値は非常に高いワインとなっています。複数のドメーヌがいるのも面白いところで、それぞれ異なる味わいを楽しめます。販売価格や買取価格も高騰しており、特にDRCのグランエシェゾーは別格と言えます。ただ、DRCに関わらず高値が付く可能性はあるため、まず査定を受けてみてはいかがでしょうか。