シャトー・ディケムを高価買取!ワインの査定ポイントを徹底解説!

1.シャトー・ディケムを売りたいお客様へ

シャトー・ディケムは、数あるボルドーワインの中でも特に古い歴史を持つ白ワインです。世界三大貴腐ワインの一つにも数えられており、芳醇なブドウの香りと上品な甘みを楽しめるのが特徴です。ワイン評論家の評価も非常に高く、長期熟成にも耐えることから、製造より数十年経った銘柄も存在します。特に熟成が進んだものは高額で取引されています。

2.シャトー・ディケムについての解説

シャトー・ディケムはハチミツに似た濃厚な香りと評されています。ブドウの木一本からグラス一杯分しか作られないとされており、更にブドウの出来に納得できなかった年はワインを作らないほどのこだわりがあります。このため希少性は高く、市場での流通量も限られています。

3.シャトー・ディケムの歴史

シャトー・ディケムは数百年の歴史を持つ非常に古いシャトーです。1711年にソヴァージュ家が始めたと言われており、その後1855年に実施された格付けでは特別一級に認定されました。その格付け後も色褪せること無く、生み出される貴腐ワインは奇跡とも評されています。

4.シャトー・ディケムの代表的な銘柄

シャトー・ディケムは単一の銘柄のほか、セカンドラインとして「Y(イグレック)」が製造されています。Yは非常に価値が高い銘柄で、100年の間に6回しか製造されなかったほどの希少性を持ちます。ブドウに貴腐菌が付かなかった年にのみ作られているからです。シャトー・ディケムほどではありませんが、一般的なワインと比べても高値で取引されており、高価なワインの一つとなっています。

5.シャトー・ディケムの買取査定ポイント

シャトー・ディケムの買取で注意したいポイントは、ボトルやラベルの状態とヴィンテージです。ボトルなどの汚れが減額対象になるほか、ヴィンテージによって買取価格が変わります。なお、シャトー・ディケムは長期熟成にも耐えるワインです。しかし、中身が蒸発・目減りしていると値が付かないため、保管には気を付けましょう。
  • ボトルとラベルのコンディション
  • ヴィンテージ
  • 中身が目減りしたものは値が付かない

6.シャトー・ディケムの取引相場価格

シャトー・ディケムの販売価格は高騰していますが、買取価格も高値止まりしています。ただし、買取相場は1~5万円と非常に幅広く、ヴィンテージにより価値が変わることが影響しています。比較的相場が安いのは1990年・1995年のヴィンテージで、1本あたり1万円台後半で取引されています。 一方で高値取引されているのが2001年・2009年のシャトー・ディケムで、1本につき4~5万円の価格が相場になっています。ただ、全体の相場は高いため、ヴィンテージを問わず高値売却できます。

7.シャトー・ディケムの買取についてのまとめ

世界三大貴腐ワインとして、希少価値・知名度ともにトップクラスのシャトー・ディケムは、特別1級の格付けも得るなど様々な実績を持っています。流通量が非常に少ないため買取価格も高騰しており、コンディションと熟成次第では相場以上の価格も期待できます。しかし、ヴィンテージにより若干変わるため、詳しく知りたい方は査定を受けてみましょう。