シャトー・ラフィット・ロートシルトを高価買取!ワインの査定ポイントを徹底解説!

1.シャトー・ラフィット・ロートシルトを売りたいお客様へ

シャトー・ラフィット・ロートシルトは、フランスのボルドー地方で作られている赤ワインです。5大シャトーにも数えられており、その中で最も高価なワインとも言われています。王のワインと呼ばれる場合もあり、その味わいや品質は古くから高い評価を得ています。5大シャトーの中では販売価格が一番高いワインですが、買取価格も高騰しており、ほとんどのヴィンテージにプレミアが付いています。

2.シャトー・ラフィット・ロートシルトについての解説

シャトー・ラフィット・ロートシルトはメドックの格付けにおける筆頭とも言われます。ブドウの収穫段階から厳格な管理がされており、ほとんどの作業が手作業で行われています。収穫から熟成に至るまで、品質に対するこだわりはボルドーワインの中でもトップクラスです。

3.シャトー・ラフィット・ロートシルトの歴史

シャトー・ラフィット・ロートシルトの歴史は古く、13世紀頃にはすでにワイン製造が始まっていたとされています。名前が広まったのは後年ですが、ルイ15世が飲むワインとして名声を高め、フランスの貴族間で一気に知名度が高まりました。そして19世紀に入り、メドックの格付けで第一級に認定されています。

4.シャトー・ラフィット・ロートシルトの代表的な銘柄

シャトー・ラフィット・ロートシルトの年間生産本数は40万本ほどですが、セカンドラインとして「カリュアド・ド・ラフィット」を製造しています。知名度が高い銘柄で、シャトー・ラフィット・ロートシルト同様に深いブドウの風味を楽しめるのが特徴です。一方のシャトー・ラフィット・ロートシルトは当たり年も比較的多く、2009年・2010年・2014年のヴィンテージは価格が高くなっています。人気もあるため、買取での高値が期待できます。

5.シャトー・ラフィット・ロートシルトの買取査定ポイント

シャトー・ラフィット・ロートシルトの買取に影響を及ぼすのは、ボトルのコンディションやワインの保存状態です。特に良好な熟成が進んだシャトー・ラフィット・ロートシルトは高値が付きますが、保存状態が悪いと大幅な減額対象となります。また、付属品も価値に影響があります。査定前に、化粧箱などが全て揃っているか確認しておきましょう。
  • ボトルのコンディション
  • ワインの保管状態
  • 付属品が揃っているか(完品か否か)

6.シャトー・ラフィット・ロートシルトの取引相場価格

5大シャトーの中でも、シャトー・ラフィット・ロートシルトの平均買取相場は高額です。状態次第では一本あたり数十万円の値が付く可能性があります。平均相場は2~4万円ほどですが、ブドウの当たり年である2009年・2010年のヴィンテージは5~6万円の価格が付いています。 また、古いヴィンテージほど高値になるのも特徴です。例えば2000年以前に作られたシャトー・ラフィット・ロートシルトであれば、10万円~30万円近い価格が付くこともあります。ただし、保管状態が影響しますので、必ずしも相場通りになるとは限りません。

7.シャトー・ラフィット・ロートシルトの買取についてのまとめ

ルイ15世が愛飲したシャトー・ラフィット・ロートシルトは数百年の歴史を持ち、19世紀の格付け以降は更にその名声を高めています。現在はセレブが愛飲するワインの一つにもなっており、ヴィンテージによっては価格が跳ね上がります。買取相場は安定していますが、シャトー・ラフィット・ロートシルトも飲み頃には注意しましょう。売却を検討中の方は、出来る限り早めに売ることをおすすめします。