浮世絵(うきよえ)を高価買取!仏教絵画の査定ポイントを徹底解説!

1.浮世絵(うきよえ)を売りたいお客様へ

浮世絵のコレクターの方は多いと思いますが、中でも仏教世界を描いた浮世絵は珍しいため、一部の愛好会に熱烈な支持を受けています。誰もが知るあの人気浮世絵師が描いた浮世絵ということでも注目を浴びますが、そのダイナミックな構図の妙に一度ハマると魅了される方が多いのが特徴です。

2.浮世絵(うきよえ)についての解説

浮世絵は一般的な知名度が高い芸術品ですが、仏教世界を描いたものは珍しく、あまり出回っていません。江戸の浮世絵師たちは、「浮世」のものである「現代風」で「好色」な吉原遊郭の遊女などと並列して仏教絵画を描きました。この、仏も遊女も日常も一緒くたに巻き込んで発展した庶民の文化こそ、浮世絵が成立した江戸時代の庶民文化を象徴しています。今までの高尚で崇高な仏教絵画とは一線を画した大胆な構図と画風で描かれた釈迦や不動明王の姿は圧巻です。浮世絵というと現代では多色刷りのものをイメージされますが、仏教絵画の浮世絵には木版画のものも比較的多く残されています。

3.浮世絵(うきよえ)の歴史

浮世絵は江戸時代に成立した絵画のジャンルで、浮世を描いた風俗画です。 徳川幕府の時代から20世紀初頭まで、変化を遂げながら庶民の文化として発展しました。

4.浮世絵(うきよえ)の代表作や作者

「成田山不動明王と綱五郎」歌川豊国 1852年 嘉永5年 下段浮世絵 江戸の歌舞伎のシンボルと言われている「荒事」を始めたのは、ご存知初代市川團十郎。この荒事の元になったのが成田山の不動明王の活躍です。実は歌舞伎の「くまどり」は、浮世絵に描かれた不動明王の隈から生まれたものだと言われています。絵の中から江戸時代の人々の文化や信仰を読み取れることも、浮世絵の魅力といえるでしょう。

5. 浮世絵(うきよえ)の買取査定ポイント

浮世絵は人気の高い仏教絵画です。いくつか査定ポイントをまとめます。
  • 掛け軸状の物の場合箱が保管され年代や作者がわかると高額査定の可能性あり
  • 金泥や金箔などを使ったものだと高額査定の可能性あり
  • 時代が古いものの方が価値が高い
  • 肉筆ではなくても多色刷り版画や木版画で状態の良いものは高額査定の可能性あり

6.浮世絵(うきよえ)の取引相場価格

浮世絵は常に人気が高く、だいたい2万円前後の査定となることが多いです。江戸時代の古いものや、仏教絵画の珍しいものだと数十万円の高額な査定価格になる可能性もあります。現代でプリントされたものや、損壊が激しいものだと1万円以下の査定価格になることもあります。

7.浮世絵(うきよえ)の買取についてのまとめ

江戸時代に日本に生まれ、未だに高い人気を誇る浮世絵。浮世絵の仏教絵画は珍しいため、高額査定の可能性があります。ぜひ一度ご自宅の浮世絵の査定をされてみてはいかがでしょうか。まずは「美術品・骨董品買取コネクト」までお気軽にご相談ください。