天皇陛下御即位記念10万円金貨を高価買取!記念硬貨の査定ポイントを徹底解説!

1.天皇陛下御即位記念10万円金貨を売りたいお客様へ

今回ご紹介する天皇陛下御即位記念10万円金貨の他にも、ワールドカップ、オリンピックの際に発行される記念硬貨は造幣局から枚数限定で発行されるものです。天皇陛下のご即位や在位10周年記念など、皇室の記念日を祝した記念硬貨は何種類もあります。特に、天皇陛下御即位記念10万円金貨は金価格の上昇により額面以上の価値で買い取って貰える可能性があるので、売却を考えていらっしゃるお客様には良いタイミングかも知れません。

2.天皇陛下御即位記念10万円金貨についての解説

天皇陛下御即位記念10万円金貨は表面に「鳳凰と瑞鳳」、裏面に「菊の御紋と桐と唐草」の模様が刻まれた美しい硬貨で、骨董品としての価値もあります。材質は24金の純金で、直径33mmの金貨1枚には30グラムの金が使われています。同じ10万円の記念硬貨である天皇陛下御在位60年記念10万円金貨に含まれる金は20グラムなので、天皇陛下御即位記念10万円金貨の方が市場では高値で取引されます。

3.天皇陛下御即位記念10万円金貨の歴史

天皇陛下御即位記念10万円金貨は1990年(平成2年)の4月10日に日本造幣局より発行された金貨で、昭和61年と62年の2度に渡って発行された天皇陛下御在位60年記念10万円金貨以来の記念硬貨でした。今上天皇の即位に関する儀式は1990年の1月23日の期日奉告の儀より始まり、以後1年間に渡り関連する行事が執り行われています。天皇陛下御在位60年記念10万円金貨には偽造を防ぐホログラム処理が施されており、これも天皇陛下御在位60年記念10万円金貨とは違う点です。

4.天皇陛下御即位記念10万円金貨の希少価値

天皇陛下御即位記念10万円金貨は200万枚と決して少なくない枚数が発行されているため、それ自体にプレミアを期待するのは難しいかもしれません。この記念硬貨の価値とは10万円という額面以上に価値のある30グラムの金が使われている点なので、買取業者を利用した方が高値で売却することが期待できます。言い換えれば、天皇陛下御即位記念10万円金貨の価値は単純に言えば使われている金の価格にほぼ等しいということになります。

5.天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取査定ポイント

天皇陛下御即位記念10万円金貨はもともとケース入りで販売されているものなので、ケースの有無によって2,000~3,000円程度買取価格に差が出てきます。他のポイントは一般的な記念硬貨と同様に査定されます。
  • ケースは残っているか
  • 金貨に傷はないか
  • 保存状態は悪くないか
  • 変色はしていないか
  • レートの高い時に買取してもらう
一つ注意点として、金貨が汚れているからとむやみに磨いてはいけないという点があります。磨こうとして却って傷を付けてしまうと、買取査定がマイナスになってしまう可能性があるからです。

6.天皇陛下御即位記念10万円金貨の取引相場価格

天皇陛下御即位記念10万円金貨の相場は純金の相場に左右されます。リーマン・ショック以降、純金の相場は基本的には右肩上がりの好調で推移しているので、天皇陛下御即位記念10万円金貨の取引相場価格もこれから上昇していく可能性があるでしょう。現在の買取相場としては11万円~14万円程度と幅がありますが、13円以上で買取しているショップが多いです。銀行で換金しても額面通りの10万円にしかならないため、活発に取引されている記念硬貨といえます。

7.天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取についてのまとめ

天皇陛下御即位記念10万円金貨は平成2年に造幣局から200万枚が発行された記念硬貨です。この記念硬貨の特筆すべき点は10万円という額面に対して30グラムの純金が使われているという点でしょう。買取相場も純金の相場と連動していて、これからも価格上昇が見込まれます。買い取ってもらうタイミングはレートの高い時が最適といえるでしょう。また、ケースや傷の有無も買取査定に影響するので、可能な限り保存状態を良くしておく必要があります。ただし、金貨に汚れがあるからといってむやみに磨いてはいけません。傷が付いてしまうと、かえって買取相場が下がってしまう可能性があるからです。