アメリカ バッファロー金貨を高価買取!掛け軸の査定ポイントを徹底解説!

1.アメリカ バッファロー金貨を売りたいお客様へ

アメリカ バッファロー金貨はアメリカ合衆国が初めて発行した投資用・地金型の金貨で、日本でいえば記念硬貨に当たるようなコインです。バッファロー金貨は発行年度が浅く、アンティークとしての価値はまだ認められていませんが、素材が貴金属として高値を付けている純金ですので高額で売却することができます。また、一部の年数では発行枚数が少なく、地金相当の値段以上の価格で取引されることもあるようです。

2.アメリカ バッファロー金貨についての解説

アメリカ バッファロー金貨はアメリカの先住民族であるインディアンの姿や、かつてアメリカ大陸に野生で生息していたバッファローの雄大な姿がレリーフされているのが特徴です。発行されているオンス数は1オンスから1/10オンスまでの4種類となっています。額面として50ドルが設定されていますが、これはあくまで便宜的なもので実際には地金相当でも額面より遥かに高い価値があります。

3.アメリカ バッファロー金貨の歴史

アメリカ バッファロー金貨は2006年から発行されているアメリカ初の金貨です。アメリカ バッファロー金貨は発行年数によって枚数が大きく異なり、例えば2008年のミントステイト金貨は19,500枚が発行されているのに対して、2006年には同じミントステイトで337,012枚が発行されています。同じ金貨なのですがカタログ価格でも約19万円から約37万円と差があるのもアメリカ バッファロー金貨の特徴です。

4.アメリカ バッファロー金貨の希少価値

アメリカ バッファロー金貨は発行されてからの年数が浅いためにアンティークとしての価値がほとんどないことと、発行年度によっては数十万枚が発行されているため基本的には希少価値というものはありません。ただし、2008年度発行のミントステイト金貨のように発行枚数の少ない年度のものであれば、地金相当の金額よりも高いカタログ価格での取引が現在でも行われています。

5.アメリカ バッファロー金貨の買取査定ポイント

アメリカ バッファロー金貨を買取査定に出すときは、次のような点に注意しましょう。ただし、金貨の汚れやキズに関しては自分で研磨しようとするとかえって金貨にキズを付けてしまう危険性がありますので、買取業者に相談することをおすすめします。
  • 金貨に傷はないか
  • 保存状態は悪くないか
  • 変色はしていないか
  • レートが高い時に買取してもらう

6.アメリカ バッファロー金貨の取引相場価格

アメリカ バッファロー金貨は一部の年度のものを除けば地金相当での買取となる業者が多いようです。1オンス金貨なら重量が約31.1グラムで、アメリカ バッファロー金貨は純度99.99%以上の純金製なので当日の金レート換算に手数料などが差し引かれた金額で買取されます。具体的な相場としては13万円台後半から14万円台前半ぐらいです。発行枚数の少ない2008年度の金貨では、販売価格41.3万円で取引されるなど高値での売買が成立しています。

7.アメリカ バッファロー金貨の買取についてのまとめ

アメリカ バッファロー金貨はアメリカ合衆国で初めて発行された金貨です。金貨のデザインにアメリカの先住民であるインディアンの姿や、バッファローがレリーフされるなどアメリカ人にとって馴染みの深いものとなっています。純度99.99%以上の純金で出来ているので、少なくとも地金相当の金額で買い取ってもらえます。特に、今なら金のレートも上がっているので買取してもらうタイミングとしては適切といえるでしょう。また、2008年に発行されたアメリカ バッファロー金貨は枚数も少なく、もしお持ちでしたら高額で現金化するチャンスかもしれません。一般的な金貨と同じように、買取査定では金貨のキズや保存状態がチェックされますので、出来るだけ新品に近い姿で置いておくと良いでしょう。