アメリカ コロネットヘッド金貨を高価買取!記念硬貨の査定ポイントを徹底解説!

1.アメリカ コロネットヘッド金貨を売りたいお客様へ

アメリカ コロネットヘッド金貨は1849年から1907年までアメリカで発行されていた金貨で、現在では記念硬貨のような扱いを受けています。この金貨は金の純度こそ90%(K21.6)ですが、発行年度やグレードによってはアンティークとして高い金額で売ることができます。ただし、金貨の状態が悪いとアンティークコインとしてではなく、地金型の金貨として純金のレートに照らし合わせた金額での買取になるので注意が必要です。

2.アメリカ コロネットヘッド金貨についての解説

アメリカ コロネットヘッド金貨は1907年から1933年まで発行されたイーグル金貨の一世代前にあたる金貨で、表面にデザインされている自由の女神の頭部を飾るコロネットが名前の由来です。別名リバティヘッド金貨とも呼ばれるこのコインは額面が20ドルから2.5ドルまでの4種類が発行されていて、それぞれコインのサイズや重量が異なります。

3.アメリカ コロネットヘッド金貨の歴史

アメリカ コロネットヘッド金貨にはいくつかのバージョンがありますが、1866年を基準と定めるのが一般的です。1866年以降のアメリカ コロネットヘッド金貨には”IN GOD WE TRUST”という文章が刻印されていて、これはアメリカ合衆国ではモットーと呼ばれています。金貨の裏面にはアメリカの国鳥であるハクトウワシが強さの象徴である3本の矢と平和の象徴であるオリーブの木をその足で力強く掴んでいる様子が刻まれていますが、このモットーはそのハクトウワシの上に飾られている重要な文章なのです。

4.アメリカ コロネットヘッド金貨の希少価値

アメリカ コロネットヘッド金貨は発行年数やグレードによって希少価値の大きく異なる金貨です。例えば、発行初期のものであれば希少価値は高いのですが、中期や後期に発行されたものは比較的現存する金貨の数が多く、初期のものと比べると価値は下がります。また、金貨の保存状態が悪く、低いグレードが付いてしまったコインについては地金相当という評価が下されることも有り得ます。

5.アメリカ コロネットヘッド金貨の買取査定ポイント

アメリカ コロネットヘッド金貨は金貨そのものの状態はもちろん、発行年数も買取査定では大きなポイントになります。一般的な金貨の査定ポイントに加えて、アンティークコインとしての査定も行われることになるでしょう。
  • 金貨に傷はないか
  • 保存状態は悪くないか
  • 変色はしていないか
  • どの年代に発行されたものか。
  • (グレードが低い場合)レートが高い時に買取してもらう

6.アメリカ コロネットヘッド金貨の取引相場価格

アメリカ コロネットヘッド金貨は希少価値の高いものですと取引相場も高騰しています。1898年銘や1904年銘の20ドル金貨では22万円以上の販売額が設定されているのに対し、1879年銘や1892年銘のものは12万円台とほぼ地金相当の価格で購入することができます。また、買取の場合は発行年数やグレードによって取引される金額も変わってきますので、一概に相場を挙げることは難しくなっています。ただし、最も低いグレードの金貨でも地金相当の金額での買取は期待できます。

7.アメリカ コロネットヘッド金貨の買取についてのまとめ

アメリカ コロネットヘッド金貨は1849年から1907年に発行された金貨で、そのデザインからリバティヘッド金貨とも呼ばれています。金貨に使われている金の純度こそ90%以上と低いですが、アンティークコインとしての価値が認められる発行年数のものでは地金換算を上回る金額で買取してもらえます。自由の女神とハクトウワシの姿が刻まれたデザインはアメリカ合衆国を象徴するコインとも言われていて、今でも投資用、収集用にと高い人気