アメリカ インディアン金貨を高価買取!記念硬貨の査定ポイントを徹底解説!

1.アメリカ インディアン金貨を売りたいお客様へ

アメリカ インディアン金貨はアメリカで1908年から1933年の間にかけて製造された金貨で、現在では記念硬貨のような価値を持っています。主にペンダントトップのような宝飾用に用いられる人気のコインで、高く売ることができます。ただし、アメリカ インディアン金貨にはニセモノも多く出回っていますので、買取査定で贋作という判定が出てしまうと買取を断られてしまうこともあります。

2. アメリカ インディアン金貨についての解説

アメリカ インディアン金貨のオモテ面にはアメリカの先住民のインディアンの頭部が刻まれていて、ウラ面にはオリーブの枝に留まるハクトウワシの姿がデザインされています。この金貨は10ドル、5ドル、2.5ドルと3種類の額面がありますが、それぞれインディアンの表情も異なっているのが特徴です。金の純度は90%で、残りの10%は銅が配合され耐久力が高められています。

3.アメリカ インディアン金貨の歴史

アメリカ インディアン金貨は1908年から1933年に製造された金貨ですが、1908年以降に製造されたものには「IN GOD WE TRUST(私たちは神様を信じます)」というアメリカの精神が刻まれています。アメリカ インディアン金貨のうち10ドル硬貨のインディアンは優しい顔つきをしているのですが、実は羽飾りを付けた自由の女神なのだそうです。そのため、10ドル硬貨はヤングインディアンコインという名称もあります。

4.アメリカ インディアン金貨の希少価値

アメリカ インディアン金貨はニセモノが多い一方で、本物であれば高い希少価値のある金貨です。インディアンコインはデザインが裏と表で上下逆になっていることや、比重計を用いて真贋を判定しますが、本物であれば地金相当以上の価格で取引されています。アメリカでは1933年に国内の金貨が没収され、ほとんどが溶かされてしまっているので当時の金貨もそれほど多くは残されていないものと考えて良いでしょう。

5.アメリカ インディアン金貨の買取査定ポイント

アメリカ インディアン金貨の買取はアンティークコインとしての価値を期待するのであれば金貨の状態の良いものが高く査定されます。また、状態の悪い金貨であっても少なくとも地金相当での買取をしてもらえます。次に、一般的な金貨の査定ポイントを掲載します。
  • 金貨に傷はないか
  • 保存状態は悪くないか
  • 変色はしていないか
  • (グレードの低いものは)レートが高い時に買取してもらう

6.アメリカ インディアン金貨の取引相場価格

アメリカ インディアン金貨はグレードや年度によって取引の相場も変わってきます。たとえば、MS65のグレードの高いものであれば1枚あたり約40万円という値段で販売されていますが、MS61のものでは約11万円と同じ金貨でも販売価格に差があります。一方、買取の場合は金貨の状態によっては1枚あたり6万円台と地金相当の値段から業者の手数料等を引いたぐらいの価格での買取になることもあります。グレードが高ければより高値での買取も期待できますので、複数の業者に査定してもらうと良いでしょう。

7.アメリカ インディアン金貨の買取についてのまとめ

アメリカ インディアン金貨は1907年から1933年にかけてアメリカ合衆国で発行された金貨です。1908年以降に発行された金貨にはアメリカ合衆国の精神を表す「IN GOR WE TRUST」という文章が刻まれているなど、アメリカを象徴する金貨ともいえます。現在では地金型金貨として資産用や投資用に人気のあるアメリカ インディアン金貨にはニセモノが多いことも有名で、逆にいえば本物であれば高い値段で買取してもらえる可能性もあるということです。真贋の判定には比重計などが用いられますが、ニセモノはカサ増しされて直径が本物より大きいということから見分けられることもあります。買取を利用する際は複数の業者に査定を依頼し、最も高く買取してくれる業者を選びましょう。