イギリス ブリタニア金貨を高価買取!記念硬貨の査定ポイントを徹底解説!

1.イギリス ブリタニア金貨を売りたいお客様へ

イギリス ブリタニア金貨はイギリスの王立造幣局から発行されている地金型金貨です。この金貨が発行された1987年は世界中で「金」への関心が高まった年であり、この金貨もその流れの一つで生まれました。純度91.7%で重量が1オンス貨で34.05グラムなので純金の含有量が約31.2グラムと多く、地金相当の価格で高く売ることができます。ちょうど、日本の記念硬貨のように資産用・収集用に人気のあるコインです。

2.イギリス ブリタニア金貨についての解説

イギリス ブリタニア金貨が生まれた由来であるブリタニアとはイギリスを擬人化した女神で、イギリス国内では象徴のように扱われています。コインにはその姿が刻まれていて、その手にはイギリスの軍事力を表す「トライデント」と「盾」が握られているのです。イギリス ブリタニア金貨には1オンス貨から1/10オンス貨までの4種類があり、サイズの小さなものであれば比較的入手のしやすいコインといえます。

3.イギリス ブリタニア金貨の歴史

イギリス ブリタニア金貨は1987年に発行が始まり、それ以来毎年発行されています。ブリタニアというのはイギリスの一部地域の過去の名称でもあり、古代ローマ時代の名残を感じさせるようなコインでもあります。イギリスではブリタニア金貨の他に、純度99.9%のブリタニア銀貨も発行されており、こちらは1オンス貨のみが発行されています。また、ブリタニア金貨の1オンス貨の額面は100ポンドで、銀貨では2ポンドという違いもあります。

4.イギリス ブリタニア金貨の希少価値

イギリス ブリタニア金貨はアンティークコインというよりも投資目的の地金型金貨という性質が強く、それ自体には希少価値は認められていません。この金貨の価値を保証するのは製造に使われている純金であり、日々のレートが変わることによって買取価格も変わってきます。反対にいえば、どれだけ発行枚数の多い年度のものでも少なくとも地金相当の価格で買い取ってもらえることになります。

5.イギリス ブリタニア金貨の買取査定ポイント

イギリス ブリタニア金貨は一般的な金貨と同様の査定ポイントになります。金貨のキズや汚れなどは、査定価格が下がる原因になるので注意が必要です。
  • 金貨に傷はないか
  • 保存状態は悪くないか
  • 変色はしていないか
  • レートが高い時に買取してもらう

6.イギリス ブリタニア金貨の取引相場価格

イギリス ブリタニア金貨は1オンス貨なら13万円台後半での買取が相場となっています。含まれている純金の量が約31.2グラムですので、1グラム4千円台後半という最近の金レートに照らし合わせると業者の手数料を差し引けば妥当な買取価格といえるでしょう。また、1/2オンス貨ならその半分、1/4オンス貨なら更に半分と金貨に含まれる金の量に比例した買取価格になるのが一般的です。

7.イギリス ブリタニア金貨の買取についてのまとめ

イギリス ブリタニア金貨は1987年からイギリス王立造幣局から発行が始まった地金型金貨で、主に投資目的で収集されています。近年は金のレートも上り調子ですので、金貨を持っておくだけで資産が増えるという状況にあり、金貨のデザインが良いこともあって人気があるコインです。最近では1グラム4千円台後半と金相場も高騰していますので、買取をしてもらうのに良いタイミングといえるかもしれません。イギリス ブリタニア金貨の買取査定ポイントは一般的な金貨と同様に金貨の状態や当日の金相場によって左右されますが、基本的には地金相当程度で買取してもらえるでしょう。