イギリス マン島キャット金貨を高価買取!記念硬貨の査定ポイントを徹底解説!

1.イギリス マン島キャット金貨を売りたいお客様へ

イギリス マン島キャット金貨はイギリス領マン島政府が発行する地金型金貨で、猫の絵柄が描かれていることから猫好きの方にとっては記念硬貨のような意味合いを持つコインです。イギリス マン島キャット金貨には99.99%の純金が素材に用いられているので買取に出すことで高値で売ることができます。基本的には地金相当での買取になりますが、金のレートが高騰している今なら思ったより高く売れる可能性があります。

2.イギリス マン島キャット金貨についての解説

イギリス マン島キャット金貨の発行元のマン島とはイギリスとアイルランドの中間にある島で、「マンクスキャット」という猫が生息しています。ここで発行されるマン島キャット金貨はキャットコインと言われていて発行する年度ごとにコインに描かれている猫の品種が違い、「マンクスキャット」は初めて発行された1988年と2012年にデザインに採用されています。コインの種類も1オンスから1/25オンスまで5種類と多く、手軽に手に入れられました。

3.イギリス マン島キャット金貨の歴史

イギリス マン島キャット金貨は1988年から発行が始まったコインですが、25周年を迎える2012年に生産が終了しました。このコインのオモテ面にはエリザベス女王2世が描かれていますが、2012年は即位から60年に当たる年で、この時にはエリザベス女王のデザインが若い頃と現在の姿の両方が重ねられるなど特別なデザインが採用されました。

4.イギリス マン島キャット金貨の希少価値

イギリス マン島キャット金貨は発行された枚数が多く、今も比較的手に入れやすい金貨なので希少価値は期待することができません。発行初年度の1988年銘や最終年の2012年銘のものはやや高い価値を持ちますが、それでも買取時にはほぼ地金相当での取引となります。コイン自体は投資用や装飾用に人気があるので、取引も積極的に行われているようです。

5.イギリス マン島キャット金貨の買取査定ポイント

イギリス マン島キャット金貨を買取に出す際はキズや汚れでマイナス査定が出ないように出来るだけ綺麗な状態を保っておくと良いでしょう。次に掲載する金貨の買取査定ポイントも確認しておいてください。
  • 金貨に傷はないか
  • 保存状態は悪くないか
  • 変色はしていないか
  • 金のレートが高いときに買取してもらう

6.イギリス マン島キャット金貨の取引相場価格

イギリス マン島キャット金貨は1オンス貨、1/2オンス貨、1/5オンス貨、1/10オンス貨、1/25オンス貨の5種類がありますが、1オンス貨の相場を基準に金貨の重量に比例した価格での取引になります。1オンス貨は約31.1グラムですので、現在の金レートに照らし合わせた査定額での買取が行われます。買取相場は1オンス貨で13万円台から15万円台なので、、1/25オンス貨なら3千円台から6千円台になるという計算です。

7.イギリス マン島キャット金貨の買取についてのまとめ

イギリス マン島キャット金貨はイギリスとアイルランドの中間にあるマン島に生息する「マンクスキャット」がテーマの金貨です。猫がテーマなだけあって、投資用や装飾用以外にも猫好きの方が好んでコレクションしています。この金貨には99.99%の純金が使われていますので地金型金貨としての価値も高く、1オンス貨では13万円台から15万円台での買取が期待できます。買取に出す際には金貨のキズや変色が査定時にマイナスされてしまいますので、金貨を保管する場所に気を遣うなどして出来るだけ新品に近い状態を保つようにしましょう。