留袖を高価買取!着物の査定ポイントを徹底解説!

1. 留袖を売りたいお客様へ

留袖は着物の一種で、主に既婚女性が着る礼装ことを指します。最も格の高い第一礼装で、西洋でいえばイブニングドレスに相当します。特に冠婚葬祭などで着られる「黒留袖」は格が高く、親族の正礼装です。現代では留袖といえばこの黒留袖を指すことが多いです。その他、地色が黒以外のものを「色留袖」といいます。 キレイな状態のものや、有名作家のものは特に人気があります。

2. 留袖についての解説

留袖は着物の種類の一つで、既婚女性が着る最も格の高い礼装です。着物の格で第一礼装になり、西洋のイブニングドレスと同等の格になります。イブニングドレスは夜しか着用できませんが、留袖は昼夜問わずに着用可能です。既婚女性が着用する「黒留袖」と、既婚・未婚問わずに着用できる「色留袖」に分類されます。 江戸時代に若者が着る振袖の長い袖を、結婚後に切って縫い留めて着用する習慣があったことから「留袖」と呼ばれていました。ここから留袖は既婚女の礼装と意味として使われるようになりました。

3. 留袖の歴史

江戸時代では女性が18歳になったり、結婚したときなどは、振袖の袖を短くする習慣がありました。振袖の身八口を縫い留めて短くしたため「留袖」と呼ばれるようになります。そのためこの時代では留袖は普段着用する着物でした。それが19世紀の初めころから、黒地に5つ紋を入れ、裾にのみに模様を入れた着物が礼服として着用するようになります。この頃から留袖は普段着ではなく、第一礼装として格の高い着物に変化しました。

4. 留袖の代表作や作者

  • 本加賀友禅
  • 本場黄八丈
  • 由水十久(作家)

5.留袖の買取査定ポイント

和服はまず状態なキレイなことが大切です。シミやアク、虫食い、カビなどがあった場合は査定額が下がってしまいます。また様々な柄があるのが着物の魅力ですが、あまりに個性的すぎる柄の場合は、価格が上がらないこともあります。 査定額が上がるポイントとしては、老舗呉服店で仕上げたものや、有名作家(人間国宝)が制作したものなどが挙げられます。また加賀友禅などで伝統的な技法で作られたものも人気があります。 代表的な査定ポイント
  • 保存状態は良好か(シミやカビ、汚れなどはないか)
  • 素材は何でできているか(どんな布を使っているか)
  • どんな装飾(刺繍)が施されているか
  • 作者は誰か

6.留袖の取引相場価格

留袖は有名作家のものであるか、保存状態はどうかによって価格が異なります。たとえば「十七代京屋林蔵」の色留袖・襦袢・袋帯・帯揚げ・帯締めセットは約40万円です。総刺繍の光琳吉祥花紋で、未使用です。全て手書きの友禅になるため価格も高めになります。 また「TOKIO et TOKI 人間国宝 羽田登喜男ブランド」の黒留袖は約28万円です。五つ紋の新品未使用品です。

7.留袖の買取についてのまとめ

留袖は既婚女性が着用する格の高い礼装です。既婚女性が着用するものを黒留袖、既婚・未婚問わずに着用するものを色留袖といいます。現代では黒留袖は結婚式や披露宴などで親族の女性が着用する着物として用いられます。有名作家のものや、老舗ブランドのもの、状態の良いものであれば高額査定の可能性もあります。