東京大学創立75年記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.東京大学創立75年記念切手を売りたいお客様へ

東京大学創立75年記念切手は、東京大学の創立より75年を祝って発行された記念切手です。1952年に発行された切手で、同年代の切手はさほど高値が付かない傾向にありますが、東京大学創立75年記念切手に関しては高値で買取してもらえるのが特徴です。プレミアが付く切手ではないものの、バラでも価値が高いことから、買取してもらうだけの価値が十分にあると言えます。

2.東京大学創立75年記念切手についての解説

東京大学創立75年記念切手は額面が1種類で、10円切手のみが発行されています。絵柄には東京大学の有名な建物である安田講堂が描かれており、凹版印刷で作られています。なお、発行枚数は300万枚と比較的多いものの、現存枚数は分かっていません。

3.東京大学創立75年記念切手の歴史

東大の愛称で親しまれる東京大学は旧帝都大学の一つで、1877年に設立されました。日本初の大学として設立され、以後は様々な学部を設置し、多くの人材を排出しています。東京大学創立75年記念切手は、設立からちょうど75年となる1952年10月1日に発行されました。

4.東京大学創立75年記念切手の希少価値

発行枚数のみを見ると、東京大学創立75年記念切手の希少性は決して高いとは言えません。同年代の記念切手は、その大半が数百万枚ほど発行されており、希少性も低いのが一般的です。しかし、東京大学創立75年記念切手はその希少性とは裏腹に価値が高い一枚です。切手のコンディションにより変わるものの、バラ・シートいずれも同年代の記念切手の中では高額で買取が期待できます。

5.東京大学創立75年記念切手の買取査定ポイント

東京大学創立75年記念切手を買取してもらう時に一番重要なポイントがコンディションです。汚れがあるもの、変色したものは並品として扱われ、買取価格が下がるおそれがあります。また、バラではなくシート状になった東京大学創立75年記念切手は価値が上がり、通常より高値で買取してもらえます。
  • 切手のコンディション(汚れや変色など)
  • 並品は買取価格がダウンする
  • シートになれば更に高値が付く

6.東京大学創立75年記念切手の取引相場価格

東京大学創立75年記念切手の取引相場はコンディションによって少々異なります。未使用で変色や折れなどが無い美品の場合、バラでの落札価値は2,500円ほどです。買取においても同程度や千円台~2千円ほどが期待できます。ただし、並品はコンディションにより価値が下がるため注意が必要です。 シート状の東京大学創立75年記念切手に関しては、何枚連なっているかにより変わります。バラの美品の場合は1枚で2,500円ほどのため、枚数次第では数千円~1万円以上の落札価格が期待できます。

7.東京大学創立75年記念切手買取についてのまとめ

1952年発行の東京大学創立75年記念切手は、同年代に発行された記念切手の中でも極めて高い価値を持つのが特徴です。その時の切手相場により若干価値は変わるものの、バラでも高値での売却が期待できます。シートになると更に価値が跳ね上がりますが、切り離してしまうと逆に価値が下がります。もし売る時はシートのまま買取してもらうのが望ましいでしょう。