靖国神社75年記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.靖国神社75年記念切手を売りたいお客様へ

靖国神社75年記念切手は、靖国神社の創建より75年を記念して作られた切手です。発行年月日は1944年6月29日で、第二次世界大戦の終戦1年前に発行された切手でもあります。切手にグラビア印刷が採用されているなど、少し珍しい特徴も持っています。なお、価値はさほど高くはなく、プレミアは付きません。1枚のみ売る場合は注意が必要です。

2.靖国神社75年記念切手についての解説

靖国神社75年記念切手は7銭の額面が1種類のみ発行されています。絵柄には靖国神社が描かれていますが、グラビア印刷が採用されており、それまでの切手と比べて精巧な仕上がりになっています。単色刷りではあるものの、濃淡がしっかり付いたデザインです。

3.靖国神社75年記念切手の歴史

靖国神社は1869年に東京の九段坂で創建しました。現在も日本の軍人などを祀る神社として有名ですが、この総研から75年を記念し、発行されたものは靖国神社75年記念切手です。なお、紙節約のためか通常の記念切手よりも一回り小さく、普通切手のサイズで発行されました。

4.靖国神社75年記念切手の希少価値

靖国神社75年記念切手は戦時中に発行された切手で、かつ当時は珍しいグラビア印刷が採用されるなど、一見貴重な一枚に思えます。しかし、実際はさほど希少価値が高い切手ではないため、プレミアを期待して占い用注意が必要です。発行枚数こそ不明ですが、残存するものは比較的多いと考えられており、オークションでも安値で取引されている一枚です。

5.靖国神社75年記念切手の買取査定ポイント

靖国神社75年記念切手を業者に買取査定してもらうポイントは、切手の美しさにあります。折れや変色などの有無で買取価格が変わるため、保管には注意が必要です。また、消印の有無で変動する可能性もありますが、どのような状態でもプレミアは付きません。
  • 消印の有無で変わる可能性もある
  • 切手の美しさにより価値が変動する
  • プレミアが付くことは無い

6.靖国神社75年記念切手の取引相場価格

靖国神社75年記念切手はネットオークションでも度々取引が行われています。しかし、前述の通り希少価値が低い切手でもあり、さほど高値で売ることができません。靖国神社75年記念切手は1枚あたり50円~100円ほどの価値になっており、オークションの取引価格も1枚数十円に留まります。買取でも50円前後が相場となるでしょう。 シートで売った場合も1枚あたりの価値は変わりません。バラで売却しても価値が低い切手のため、できれば他の記念切手とまとめて売ることが望ましいでしょう。

7.靖国神社75年記念切手の買取についてのまとめ

1944年発行の靖国神社75年記念切手は、グラビア印刷が採用されたゴージャスな記念切手です。戦時中の切手としては非常に珍しい特徴ですが、普通切手サイズで発行されるなど、当時の日本情勢が伺える一枚でもあります。ただし、価値が数十円程度のため、バラでは高値が期待できません。なるべく他の切手とまとめて売ることをおすすめします。