切手趣味週間を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.切手趣味週間を売りたいお客様へ

切手趣味週間は、1947年から発行が開始されたシリーズ切手です。当時の逓信省が切手を普及させるために始めたもので、非常に多くのバリエーションが存在します。希少価値が種類によって大きく変わる切手でもありますが、1枚数十円のものもあれば、逆にプレミアが付いている切手もあります。もしお持ちなら一度査定を受けてみると良いでしょう。

2.切手趣味週間についての解説

切手趣味週間は数十種類も発行されており、額面もその時々によって異なるのが特徴です。絵柄も種類によって変えられており、葛飾北斎の富嶽三十六景や歌川広重の月に雁なども採用されています。シリーズを通して、コレクションとしての価値が高い切手です。

3.切手趣味週間の歴史

1947年、当時の逓信省が切手趣味週間を発行するようになりました。第一回は葛飾北斎の富嶽三十六景をモチーフにした切手で、300万枚ほど発行されたと言われています。その後も切手趣味週間の発行は続き、長年に渡って数十種類が発行されました。

4.切手趣味週間の希少価値

切手趣味週間の希少性は種類により大きな違いがあります。これは発行枚数の違いが影響しており、希少性が低いものもあれば、逆に発行枚数が少なくプレミアが付いている切手もあります。例えば見返り美人や月に雁は希少価値が高く、バラはもちろんシート状の切手も高値で取引されています。ただし、まりつき切手のように希少性が低い切手も多数あります。

5.切手趣味週間の買取査定ポイント

切手趣味週間を買取査定してもらう上で最も重要なポイントは、どのシリーズに当てはまるかという点です。切手趣味週間はバリエーションが多く、シリーズごとに買取相場が異なります。また、一部はバラとシートで価値が変わるほか、切手の見た目も買取の価格に影響します。
  • どのシリーズに該当するか
  • 切手の、見た目の良し悪し
  • 一部の切手はバラとシートで買取価格が変わる

6.切手趣味週間の取引相場価格

切手趣味週間は人気の高いシリーズもあれば、反対に不人気で取引相場が低い切手も存在します。価値が高い代表的なシリーズは、見返り美人・月に雁・法隆寺観音菩薩像(シート)です。バラでの価値は1,500円ほどあり、シートなら落札価格が1万円以上になる場合もあります。法隆寺観音菩薩像は、シートに限り5千円ほどのオークション価値を持ちます。 一方で、さほど価値が高くない切手もいくつかあります。例えばまりつき切手・雨中湯帰り切手・舞妓図屏風切手などは、1枚あたり10円~30円ほどの価値しか無く、プレミアが付くことはありません。

7.切手趣味週間買取についてのまとめ

1947年より発行が始まった切手趣味週間は、数十もの種類ある非常に珍しい記念切手です。長年に渡って定期的に発行されており、価値はその時の発行枚数などによって変わります。一部の切手趣味週間にはプレミアが付いていますが、逆に価値が低い切手もあります。価値の判断が難しい切手もあるため、価値を知りたい方は買取業者へ査定してもらうのが一番でしょう。